MicroStation CONNECT Edition Help

「アキュドロー設定値」ダイアログボックスの「処理」タブ

処理の選択事項の選択、およびアキュドローの実行方法のアスペクトの変更に使用するコントロールが含まれています。



設定説明
自動ロード オン(既定)の場合、アキュドローはプログラムの起動時に自動的に開始されます。
浮動原点 オン(既定)の場合には、原点は最後に配置された点に移動します。
状況依存 オン(既定)の場合には、既定動作を変更して操作性を向上させるための"ヒント"をアキュドローから表示できます。表示されるのは、カスタム"文脈"回転の設定、原点の設定、値のロック、座標系タイプの設定などの方法です。
スマートキー入力 オン(既定)の場合には、アキュドローはコンパスからのポインタの向きによって、数値を正または負として解釈します。

長方形モードの場合のみ、スマートキー入力コマンドを使用すると、ポインタの位置に応じてフォーカスがXフィールドまたはYフィールドへ移動することがあります。

自動点挿入 オンの場合には、データ点が完全に拘束されているときに(X、Yの値がどちらもロックされている、またはポインタのインデックスがゼロで、X、Yのどちらかをロックしている場合に)、データ点を自動的に配置します。既定はオフになっています(熟練したユーザー向きの機能です)。
スティッキ Z ロック オンの場合、Z軸をロックすると、その後の操作の間ロックされた状態が維持されます。通常は、データ点を入力したときにロックがクリアされます。この設定は、1つの平面で作図を行い(ロックZ=0にする)ながら、別の平面で要素にスナップする場合などに有用です。「スティッキ Z ロック」をオンにした場合、Z値は設定をオフにするまでロックされます。

この設定がオンの状態でZ軸がロックされると、アキュドローコンパスの外観が変化します。極座標の場合、アキュドローコンパスの内側に円が表示され、長方形座標の場合は内側に正方形が表示されます。

常にコンパスを表示 オンの場合、アキュドローをアクティブにすると現在の操作のデータ点を配置する前にコンパスが表示されます。
オートフォーカスフィールド (極座標系のみ)オンの場合、アキュドローショートカットの<A>キーおよび<D>キーは、選択したフィールドにフォーカスを設定し、現在の値をロックします。

オフの場合、アキュドローショートカットの<A>キーおよび<D>キーは、フォーカスを設定せずに現在の値をロックします。

既定原点 既定原点を選択できます。ツールがアキュドローを開始したときに現在選択されている原点がない場合、この設定によってアキュドローデザイン平面の原点の既定位置が指定されます。次のオプションがあります。
  • アクティブ奥行き上のビュー中心 - ビューのアクティブ奥行きでアキュドローの原点をビューの中心に設定します。
  • グローバル原点 - アキュドローの原点をファイルのグローバル原点に設定します。
  • アクティブ奥行き上のグローバル原点 - ビューのアクティブ奥行でアキュドローの原点をグローバル原点(X、Y)に設定します。