MicroStation CONNECT Edition Help

「アキュドロー設定値」ダイアログボックスの「座標値」タブ

アキュドローの座標系、丸め単位、インデックス機能を設定するために使用するコントロールが含まれています。



設定説明
回転 オプションメニューによってデザイン平面軸の回転を設定します。「アキュドロー」ウィンドウにフォーカスがある場合、かっこ( )内に指定されたキーの組み合わせを使用すると、特定の回転を選択したときと、同じ結果が得られます。
  • 上面(<T>キー)を選択して、デザイン平面を標準の上面の軸に揃えます。
  • 正面(<F>キー)を選択して、デザイン平面を標準の正面の軸に揃えます。
  • 側面(<S>キー)を選択して、デザイン平面を標準の右側面の軸に揃えます。
  • ビュー(<V>キー)を選択して、デザイン平面をビューの軸に揃えます。
  • 補助座標を選択して、デザイン平面をアクティブな補助座標軸に揃えます。
  • 文脈(<R>キー、<Q>キー)を選択して、デザイン平面を、対話的に指定されたように、または現在の作図ツールによる「ヒント」に従って整列します。

補助座標回転と異なり、文脈回転は一時的なもので、現在のデザインツール実行中にのみ適用されます。

タイプ アキュドローウィンドウで、デザイン平面原点との相対距離および相対角度を指定するために使用する方法を設定します。
  • 長方形 -

    「X」フィールドと「Y」フィールド(3次元では「Z」フィールドも)、およびロック用コントロールがアキュドローウィンドウに表示されます。

  • 円形 -

    「距離」フィールドと「角度」フィールドおよびロック用コントロールがアキュドローウィンドウに表示されます。

ヒント: 「アキュドロー」ウィンドウにフォーカスがある場合に、<M>キーを押すと「タイプ」が切り替わります。
距離 デザイン平面原点との相対距離の丸め値を設定します。対応するチェックボックスがオンの場合には、キー入力された値またはスナップなどが優先しない限り、丸め値が有効です。チェックボックスは「距離」の設定値が入力されると自動的にオンになります。
注記: この設定値はキー入力された値およびスナップには影響しません。
角度 円形モードにおけるデザイン平面原点との相対角度の丸め値を、度数(°)で設定します。対応するチェックボックスがオンの場合には、キー入力された値またはスナップなどが優先しない限り、丸め値が有効です。チェックボックスは「角度」の設定値が入力されると自動的にオンになります。
注記: この設定値はキー入力された値およびスナップには影響しません。
オンの場合、インデックスはアキュドローのデザイン平面のXおよびY軸に対して有効になります。インデックスの付いた軸からポインタを移動するのに必要な距離は、「許容差」設定値によって制御されます。
距離 オンの場合、ポインタが新規データ点を配置するためにアキュドローの原点から移動する最小距離が設定されます。最小距離は「許容差」設定値によって制御されます。
許容差 「軸」および「距離」設定値に使用される最小距離(画面のピクセル)を設定します。利用可能な値は1~99です。