MicroStation CONNECT Edition Help

補助座標系をビューで定義

補助座標系を各ビューに割り当てるために使用します。チェックボックスをオンにすると、補助座標系がビューに依存しないようにすることができます。ビューに依存しない補助座標系がアクティブで、その補助座標系がビューで有効に設定されている場合は、X矢印とY矢印がビューで点線表示されます。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「作図補助」 > 「補助座標」 > 「補助座標系を定義」分割ボタン
  • リボン:「モデリング」 > 「作図補助」 > 「補助座標」 > 「補助座標系を定義」分割ボタン
  • ツールボックス:補助座標

ビューごとの補助座標系設定値を次のセッションで保持するには、「ファイル」 > 「設定値を保存」の順に選択する必要があります。

以前のバージョンで作成したモデルが開かれ、補助座標ロックが有効になっていない場合、ビューに依存しない補助座標系が作成されます。ビューの中心の基準点はアクティブな奥行きになります。これにより、以前のバージョンと同じ場所(アクティブな奥行き)で作成された図形要素で作業できます。



設定説明
タイプ 補助座標系のタイプ (「長方形」、「円筒形」、または「球」)を設定します。
向き一定 オンの場合、補助座標系はビューに依存しません。
キー入力: DEFINE ACS VIEW [ CYLINDRICAL | DEFAULT | RECTANGULAR | SPHERICAL ]