MicroStation CONNECT Edition Help

球ソリッド

(3次元のみ)球ソリッド(断面が円形となる回転掃引ソリッド)を配置するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「モデリング」 > 「ソリッド」 > 「基本図形」
  • ツールボックス:基本ソリッド


設定説明
方法 配置方法を設定します。
  • 中心 - 半径の値を使用して球の中心から球を配置します。
  • エッジ - 球の外側に設定されている距離の値を使用して球を配置します。
  • 直径 - 球の直径に沿って、球の片面から球を配置します。
球の回転軸の方向を設定します。
  • 点 - 軸の方向をグラフィカルに定義します。アキュドローを使用して、点を配置するデザイン平面を定義することができます。
  • 画面X、Y、またはZ - 軸の方向が画面のX、Y、またはZ軸に設定されます。
  • デザインX、Y、またはZ - 軸の方向が図面またはデザインファイルのX、Y、またはZ軸に設定されます。
半径 オンの場合、半径を設定します。
直径 オンの場合は、直径を設定します。
キー入力: PLACE SPHERE ICON
注記: 球の半径はツール設定値で指定できますが、通常はその半径を「アキュドロー」ウィンドウに入力する方が速くて簡単です。
注記: 断面が円形以外となる回転掃引の3次元領域を配置するには、「回転掃引によるソリッド」ツールを使用します。