MicroStation CONNECT Edition Help

円錐ソリッド

(3次元のみ)円錐ソリッドを配置するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「モデリング」 > 「ソリッド」 > 「基本図形」
  • ツールボックス:基本ソリッド


設定説明
円錐の軸(高さ)の方向を設定します。
  • 点(アキュドロー) - 高さの方向をグラフィカルに定義します。アキュドローを使用して、点を配置するデザイン平面を定義することができます。
  • 画面X、Y、またはZ - 高さの方向が画面のX、Y、またはZ軸に設定されます。
  • デザインX、Y、またはZ - 高さの方向が図面またはデザインファイルのX、Y、またはZ軸に設定されます。
直交 オンの場合には、直円錐になります。
上面の半径 オンの場合、2番目の半径を設定します。
底面の半径 オンの場合、最初の半径を設定します。
高さ オンの場合、高さを設定します。
変数リンク
「変数」ダイアログボックスで定義した既存の変数を使用して入力値を設定することができます。
注記: 変数が存在しない場合は、最初に変数を作成するよう警告されます。
キー入力: PLACE CONE ICON
注記: 円錐の半径および高さはツール設定値で指定できますが、通常は、それらの距離を「アキュドロー」ウィンドウに入力する方が速く簡単です。
注記: このツールは、「円柱ソリッド」ツールと同様の働きをします。