MicroStation CONNECT Edition Help

点によるB-スプライン曲面

(3次元のみ)自由B-スプライン曲面を配置または作成するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「モデリング」 > 「サーフェス」 > 「サーフェスを作成」 > 「サーフェスを作成」 > 「点」
  • ツールボックス:自由曲面を作成


設定説明
方法 曲面の作成方法を設定します。
  • 制御点 - 制御ネットの点(頂点)は、データ点または要素の頂点によって定義されます。U方向およびV方向の点(制御点)の数は、その方向におけるオーダー数以上である必要があります。
  • 通過点で - 曲面はデータ点または要素の頂点によって定義される点を通り、各点で補間されます。データ点ごとに制御点が定義されます。データ点の数は「オーダー」以上でなければなりません。
  • 最小2乗法:許容差 - 曲面は、データ点、または選択した連続線分や多角形の頂点によって定義される点を基準にして近似されます。曲面と入力点の最大偏差は、「許容差」設定を使用して調節します。近似曲面が作成された後に、最大偏差と平均誤差がステータスフィールドに表示されます。
  • 最小2乗法:数で - データ点または要素の頂点から曲面上の対応する点までの距離の平方和が最小化されます。(形状)制御ネットには、U方向およびV方向に、アクティブな制御点数があります。最大誤差が「許容差」を超える場合には、最大誤差がステータスバーに表示されます。許容差は、「3次元とB-スプライン」ダイアログボックス(「要素」>「3次元とB-スプライン」)で設定されます。
  • Catmull-Rom - オーダーが4のNURBS曲面です。入力したデータ点または選択した連続線分の頂点によって多角形が定義され、曲面はその多角形全体に近似するように補間されます。
点列入力 曲面の作成方法を設定します。
  • 点を入力 - 曲面を配置するには、データ点を入力します。
  • 連続線分を選択 - 曲面は連続線分の頂点を基準として作成されます。
開/閉 U方向またはV方向で、曲面の状態を「開く」または「閉じた」に設定します。
オーダー U方向またはV方向で曲面を定義する数式のオーダーです(2~26)。
制御点数 (「方法」が「最小2乗法:数で」に設定されている場合のみ)U方向またはV方向への制御点の数です。
オリジナルを保存 オンの場合、曲面の作成に使用されるプロファイルはモデル内に保持されます。
キー入力: PLACE SURFACE < CATMULLROM | CONTROLPOINTS | LSQUAREBYNUM | LSQUAREBYTOL | THROUGHPOINTS >