MicroStation CONNECT Edition Help

「2次元を3次元に変換して保存」ダイアログボックスの「変換のオプション」セクション

変換対象のファイル、および2次元要素を配置する平面の方向を両方とも決定するために使用するコントロールが含まれています。

設定説明
出力ビュー 2次元要素を配置する平面の向きを決める、出力ビューを設定します。
奥行きZ 一定の奥行きを指定するには、タイプオプションメニューから「一定」を選択し、「値」フィールドに奥行きを作業単位でキー入力します。奥行きの既定は、0:0:0(デザイン空間の中心)です。タイプオプションメニューから「最小Z値」または「最大Z値」を選択すると、すべての要素の奥行きは、デザインファイルのZ座標の下限または上限にロックされます。

「要素最小Z値」または「要素最大Z値」を選択すると、変換後の各要素はZ範囲の下限または上限に相当する奥行きに配置されます。これらの制限は、それぞれ、デザイン空間の下面と上面に対応します。

「2DのZ範囲/最小値」または「2DのZ範囲/最大値」を選択すると、変換後の各要素は、保持された2次元Z範囲の下限または上限にそれぞれ相当する奥行きに配置されます。これらのオプションは、要素が「Z範囲を保持」( 「ファイル」 > 「エクスポート」 > 「共通ファイルタイプ」 > 「2次元」 を参照)で2次元に変換された場合にのみ役立ちます。