MicroStation CONNECT Edition Help

「2次元を3次元に変換して保存」ダイアログボックス

(2次元のみ)アクティブな2次元DGNファイルまたはアタッチされた2次元セルライブラリが存在する場合に、これを3次元DGNファイルとして保存するために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「ファイル」 > 「エクスポート」 > 「共通ファイルタイプ」 > 「3次元」


キー入力: MDL LOAD CNVDGN
注記: 特に説明するものを除いて、このダイアログボックスのコントロールは、「名前を付けて保存」ダイアログボックスのコントロールと似ています。
設定説明
「ディレクトリ」メニュー>「構成変数を選択」 「構成変数を選択」ダイアログボックスが表示されます。ここで、新規ファイルの保存先ディレクトリを指す構成変数を変更することができます。既定の保存先ディレクトリは、MS_DEF構成変数が示すディレクトリです。
「ディレクトリ」メニュー>「現在の作業ディレクトリ」 表示されているディレクトリを、現在の作業ディレクトリに変更します。
OK 3次元のDGNファイルまたはセルライブラリを作成します。変換する元になった2次元のDGNファイルは、アクティブのままです。