MicroStation CONNECT Edition Help

「3次元を2次元に変換して保存」ダイアログボックスの「変換のオプション」セクション

変換のオプションを設定するために使用するコントロールが含まれています。

設定説明
ビュー 3次元要素が投影されるデザイン平面の向きを決めるビューを設定します。
Z範囲を保持 オンの場合には、3次元のZ範囲データは生成された2次元要素に保存されます。このデータは、後に要素を変換して3次元に戻すときに利用されます。
ビューの回転を無視 オンの場合、ビューの回転は無視され、3次元ファイルは上面ビューとして保存されます。この設定では、X-Yジオメトリ座標を維持し、Zの情報を破棄します。