Bentley View CONNECT Edition Help

「選択事項」ダイアログボックスの「ルックアンドフィール」カテゴリ

ユーザーインターフェイス要素の外観と配置に関する選択事項を設定するために使用するコントロールで構成されます。



設定説明
単一クリック データボタンを1回クリックしたときに、ツールがどのように選択されるかを制御します。「繰り返し」または「一回きり」を選択できます。既定は「繰り返し」です。

「単一クリック」を使用して、次の項目を設定します。

  • 一回きり - 1回のクリックでツールを選択して1回きりの操作を行うか、ダブルクリックしてツールを選択し、ロックして繰り返し使うことができます。
  • 繰り返し - 1回のクリックでツールを選択し、ロックして繰り返し使うか、ダブルクリックしてツールを選択し、1回きりの操作を行うことができます。
既定ツール 一度きりの機能の終了後に、自動的に選択されるツールを設定します。「なし」または「要素の選択」を選択できます。既定は「要素の選択」です。
ハイライト表示 ツールをロック選択したことを示すためにハイライト表示する色を設定します。「黒」、「灰色」、または「色」を選択できます。既定は「灰色」です。Windows Visual Styleがアクティブな場合は、ツールのハイライト色は変更できません。このオプションはWindows 8以降では使用できません。
レイアウト ツールボックスのサイズを設定します。「狭い」、「普通」、または「広角」を選択できます。既定は「普通」です。
ツールボックスツールサイズ ツールボックスのツールアイコンのサイズをピクセル単位で設定します。
  • 小(16 x 16)
  • 中(24×24) - 既定
  • 大(32 x 32)
ビューのツールサイズ 開いているビューウィンドウに収納されるツールボックス内のツールアイコンのサイズを、ピクセル単位で設定します。この設定値は、「選択事項」ダイアログボックスの「ビューオプション」カテゴリで、「ツールボックスを表示」オプションがオンの場合にのみ効果があります。
  • 小(16×16)
  • 中(24×24) - 既定
  • 大(32 x 32)
マーカーサイズ マーカーアイコンのサイズをピクセル単位で設定します。
  • 既定(ツールサイズ) - マーカーサイズはツールサイズと一致します。
  • 小(16 x 16)
  • 中(24 x 24)
  • 大(32 x 32)
  • 特大(48 x 48)
  • 変数 - マーカーサイズは、吹き出しサイズ、要素サイズなど、基になる図形に合わせて変化します。
輪郭線なしのアイコン オン(既定)の場合には、選択したツール以外のすべてのツールのアイコンが輪郭線なしで表示されます。
アイコンのエッジのコントラストを高める オンの場合、画像処理によってアイコンが鮮明になり、エッジが強調されます。既定はオフです。
Windowsの[ファイルを開く]を使用 オン(既定)の場合、製品の「ファイルを開く」ダイアログボックスの代わりに、Windowsのファイル選択ダイアログボックスが使用されます。
ファイル名をハイライト表示 オン(既定)にすると、「ファイルを開く」ダイアログボックスで最後に開いたファイルがハイライト表示されます。大きいファイルは一部のウイルススキャナでスキャン対象とされる場合があることに注意してください。
取り出されたダイアログを復元 オンにすると、「参照」ダイアログボックス、「モデル」ダイアログボックス、「保存ビュー」ダイアログボックスなどの非モーダルダイアログが、最後に終了したデザインセッションで開いていた場合、新規セッションでも開きます。
フォーカスしたダイアログを不透明にする これがオンになっていて、かつ透過度が設定されている場合、フォーカスが移るとダイアログは不透明になります。既定はオフです。
モードレスダイアログの透過 オンの場合、すべてのモードレスダイアログで同じ透過(0~100)が使用されます。この透過はスライダ尺度で設定し、0%は完全な不透明、100%は完全な透明を示します。既定はオフです。