Bentley View CONNECT Edition Help

「ファイルを開く」ダイアログボックスと「開く」ダイアログボックス

既存のDGNファイル(または異なる種類のファイル)を、アクティブなDGNファイルとして開くために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 作業ページ:参照
  • リボン:「ファイル」 > 「開く」 > 「参照」

2つのダイアログボックスのコントロールは似ていますが、「ファイルを開く」ダイアログボックスでは、作業環境WorkSetを選択または変更できます。

「選択事項」ダイアログボックス「ファイル」 > 「設定」 > 「ユーザー」 > 「選択事項」の「ルックアンドフィール」カテゴリから、MicroStation Managerの「ファイルを開く」ダイアログボックスを使用するには、「Windowsの[ファイルを開く]を使用」をオフにします。



「ファイルを開く」ダイアログボックスやWindows Explorerで表示可能な簡略画像を各DGNファイルに格納します(Windows Explorerの場合は、この機能をサポートするバージョンのみ)。デザインセッションでファイルを開き、「ファイル」 > 「設定値を保存」の順に選択すると、サムネイル画像は、標準クリップボードフォーマットのビットマップとして保存されます。

キー入力: DIALOG OPENFILE
キー入力: EXCHANGEFILE <file_name>
注記: 既定では、ファイル保護によってファイルのサムネイル画像と概要のプロパティが暗号化されます。これらは、Windowsエクプローラ、「ファイルを開く」ダイアログボックス、「ファイルプロパティ」ダイアログボックスに表示される項目です。暗号化を解除するには、MS_PROTECTION_NOENCRYPT_THUMBNAILまたはMS_PROTECTION_NOENCRYPT_PROPERTIES、あるいはその両方の構成変数を設定する必要があります。
注記: 「開く」ダイアログボックスよりも、「NEWFILE(RD=)」キー入力コマンドを使った方が、デザインファイルを早く開くことができます。シンタックスは、「RD=<デザインファイル>」または「NEWFILE <デザインファイル>」です。
注記:EXCHANGEFILE <ファイル名>」とキー入力すると、アクティブなデザインファイルのビュー構成を使用して、DGNファイルを開くことができます。
設定説明
ファイル 最近開いたファイルで構成されるドロップダウンリスト。
ディレクトリ 最近アクセスしたファイルと次のディレクトリオプションで構成されているドロップダウンリストです。
  • 構成変数を選択 - 「構成変数を選択」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで変数定義が別のディレクトリを指している構成変数を選択することにより、リストボックスに一覧表示されるファイルのディレクトリを変更できます。


    • リストボックス - パスおよびディレクトリ構成変数を選択するための一覧が表示されます。
    • テキストボックス - 構成変数が選択されると、その定義のディレクトリがここに表示されます。
    • OK - 選択した構成変数を承認して、ダイアログボックスを閉じます。構成変数の定義によって指定されるディレクトリは、「ファイルを開く」ダイアログボックスの「ファイル」リストボックスに表示されているファイルのディレクトリに変更されます。
    注記: 「Windowsの[ファイルを開く]を使用」がオフの場合、このコントロールは「ディレクトリ」 > 「構成変数を選択」の順に選択するとアクセスできます。
作業環境 (「ファイルを開く」ダイアログボックスでのみ使用可能)選択する必要があるWorkSetを含んでいる作業環境を選択します。
WorkSet (「ファイルを開く」ダイアログボックスでのみ使用可能)特定のWorkSetと関連のあるデータファイルの場所と名前を設定します。
ファイル名 「ファイル」リストボックスで選択されたファイルの名前を表示します。ファイル名をキー入力することもできます。ディレクトリにある既存ファイルの名前がリストボックスに表示されます。
ヒント: 「ファイル名」フィールドにファイルの完全パス名を入力すると、「ファイルの場所」オプションメニューでの指定を省略できます。
ヒント: 「ファイル」リストボックスに表示されるファイルを制限するために、*.XYZのようなフィルタ文字列を名前フィールドにキー入力することもできます。
注記: 選択事項の「Windowsの[ファイルを開く]を使用」がオフの場合、このコントロールのラベルは"ファイル"になります。
ファイルの種類 開くファイルの種類を設定します。
  • CADファイル(*.dgn、*.dwg、*.dxf) - DGNファイル、AutoCAD Drawingファイル[*.dwg]、およびAutoCAD ASCII DXFファイル[*.dxf]がリストボックスに表示されます。
  • MicroStation (*.dgn) - MicroStationデザインファイル[*.dgn]がリストボックスに表示されます。
  • MicroStation セルライブラリ(*.cel) - セルファイル[*.cel]がリストボックスに表示されます。
  • DGNライブラリファイル(* dgnlib) - DGNライブラリファイル[*.dgnlib]がリストボックスに表示されます。
  • シートファイル(*.s*) - シートファイル[*.s*]がリストボックスに表示されます。
  • 外形線ファイル(*.h*) - 外形線ファイル[*.h*]がリストボックスに表示されます。
  • DWG(*.dwg) - AutoCADデザインファイル[*.dwg]がリストボックスに表示されます。
  • DXF(* dxf) - AutoCAD ASCII DXFファイル[*.dxf]がリストボックスに表示されます。
  • 朱入れ(*.rdl) - 朱入れファイル[*.rdl]がリストボックスに表示されます。
  • TriFormaドキュメントファイル(*.d) - TriFormaドキュメントファイル[*.d]がリストボックスに表示されます。
  • 3DS(*.3ds) - 3D Studioファイルがリストボックスに表示されます。
  • シェイプファイル(*.shp) - シェイプファイル(*.shp)がリストボックスに表示されます。
  • MIF/MID(*.mif) - MIF/MIDファイル(*.mif)がリストボックスに表示されます。
  • TAB(*.tab) - TABファイル(*.tab)がリストボックスに表示されます。
  • i-model 1.5ファイル(*.dgndb、*.idgndb、*.imodel、*.markupdb) - バージョン1.5の.imodelファイルがリストボックスに表示されます。
  • i-model 1.6ファイル(*.dgndb、*.idgndb、*.imodel) - バージョン1.6の.imodelファイルがリストボックスに表示されます。
  • FBX (*.fbx) - Autodesk FBXファイル(*.fbx)がリストボックスに表示されます。
  • IFC(*.ifc) - IFCファイル(*.ifc)がリストボックスに表示されます。
  • 共通のラスターフォーマット(*.tif、*.tiff、*.iTIFF、*.bmp、*.jpg、*.jpeg、*.jpe、*.sid、*.pdf、*.png) - 共通のラスターフォーマット[*.tif、*.tiff、*.iTIFF、*.bmp、*.jpg、*.jpeg、*.jpe、*.sid、*.pdf、*.png]がリストボックスに表示されます。
  • 共通のGeoラスターフォーマット(*.tif、*.tiff、*.hmr、*.iTIFF、*.iTIFF64、*.cit、*.tg4、*.ecw、*.jp2、*.j2k、*.doq、*.img)- 共通のGeo参照ラスターフォーマット[*.tif、*.tiff、*.hmr、*.iTIFF、*.iTIFF64、*.cit、*.tg4、*.ecw、*.jp2、*.j2k、*.doq、*.img]がリストボックスに表示されます。
  • JT (*.jt) - JTファイル(*.jt)がリストボックスに表示されます。
  • OBJ (*.obj) - OBJ形状定義ファイル[*.obj]がリストボックスに表示されます。
  • RFAファイル(*.rfa) - RFAファイルがリストボックスに表示されます。
  • OpenNurbs (Rhino)ファイル(*.3dm) - OpenNurbs 3次元ファイル[*.3dm]がリストボックスに表示されます。
  • SketchUp (*.skp) - SketchUpファイル(*.skp)がリストボックスに表示されます。
  • リアリティメッシュ(*.3mx、*.3sm) - Acute3Dファイル(*.3mx)またはスケーラブルメッシュ(*.3sm)がリストボックスに表示されます。
  • すべてのファイル(*.*) - フォーマットにかかわらず(*.*)、すべてのファイルがリストボックスに表示されます。
注記: 選択事項の「Windowsの[ファイルを開く]を使用」がオフの場合、このコントロールのラベルは"ファイルの種類"になります。
オプション 「ファイルの種類」オプションメニューで選択したファイルの種類に関連するオプションダイアログボックスが開きます。たとえば、「ファイルの種類」を「AutoCADデザインファイル(*.dwg)」に設定し、.dwgファイルをハイライト表示して「オプション」ボタンをクリックすると、「DWGオープンオプション」ダイアログボックスが開きます。
注記: 選択事項の「Windowsの[ファイルを開く]を使用」がオフの場合、このコントロールのラベルは"DWGオプション"になります。
開く 選択されたDGNファイルを開きます。

すでにアクティブなDGNファイルがある場合、そのDGNファイルを閉じてから新規に選択されたDGNファイルを開きます。

注記: 選択事項の「Windowsの[ファイルを開く]を使用」がオフの場合、このコントロールのラベルは"OK"になります。
キャンセル DGNファイルを開かずにダイアログボックスを閉じます。
注記: 次のキー入力コマンドでは、「ファイルのタイプ」メニューで各ファイルタイプがすでに選択された状態で「インポート」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスの目的は、それぞれのファイルタイプを開くことと同じです。
  • IMPORT 3DMFILE
  • IMPORT 3DSFILE
  • IMPORT CADFILE
  • IMPORT CELFILE
  • IMPORT DGNDBFILE
  • IMPORT DGNFILE
  • IMPORT DGNLIBFILE
  • IMPORT DWGFILE
  • IMPORT DXFFILE
  • IMPORT FBXFILE
  • IMPORT HDLFILE
  • IMPORT IFCFILE
  • IMPORT IMODELFILE
  • IMPORT JTFILE
  • IMPORT MIFFILE
  • IMPORT OBJFILE
  • IMPORT RDLFILE
  • IMPORT RFAFILE
  • IMPORT SHEETFILE
  • IMPORT SHPFILE
  • IMPORT SKPFILE
  • IMPORT TABFILE
  • IMPORT TRIFORMADOCFILE