Bentley View CONNECT Edition Help

面積と全周を測定

面積および全周を測定するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「ビュー」 > 「ホーム」 > 「測定」
  • ツールボックス:測定


参照された透視図保存ビューの測定はサポートされていません。

設定説明
方法 測定する領域を設定します。
  • 要素 - 1つの閉じた要素の領域(「領域」属性は「ソリッド」でなければなりません)。多角形、楕円、および複合図形の平面領域です。3次元曲面またはソリッドの場合は、すべての次元の曲面領域の合計です。
  • 枠 - (枠が表示されている場合のみ)名前付き枠以外のアクティブな枠または要素から作成された枠で囲まれた領域です。
  • 領域の積 - 複数の閉じた平面要素の交点を境界線とする領域です。
複数の要素を操作する場合は、<Ctrl>キーを押しながらデータ点を入力して、追加の要素を選択します。
  • 領域の和 - 複数の閉じた平面要素の和を境界線とする領域です。
複数の要素を操作する場合は、<Ctrl>キーを押しながらデータ点を入力して、追加の要素を選択します。
  • 残領域 - 複数の閉じた平面要素の差を境界線とする領域です。
複数の要素を操作する場合は、<Ctrl>キーを押しながらデータ点を入力して、追加の要素を選択します。
  • 1点で指定 - 互いに接触しているか、またはその終点が「許容差」内にある要素で囲まれた領域です。
  • 頂点 - 一連のデータ点で定義された頂点を含む平面領域です。数字の8の形に点を入力した場合は、2つのループの全範囲が計算されます。
質量特性 オンの場合、質量特性分析は「質量特性」ウィンドウに表示されます。
重心を表示 オンの場合には、測定した要素の質量の中心を表すクロスヘアー図形が表示されます。
基準軸 面積のレポート方法を設定します。
  • なし - 2次元および3次元のシートモデルとデザインモデルの実面積を測定します。
  • ビューZ - ビューの回転に基づいて投影された領域を測定します。3次元のデザインモデルでの使用はお勧めしません。2次元デザインモデル、2次元シートモデル、または3次元シートモデルで参照される3次元データの場合は、投影された距離がレポートされます。
  • 補助座標系Z - アクティブな補助座標系(ACS)または補助座標系のXY平面を基準に測定されます。結果は、補助座標系Zまたは補助座標系のXY平面を基準に投影されます。
  • アキュドローZ - アキュドローのXYコンパスまたはアキュドローZを基準に測定されます。結果は、アキュドローZまたはアキュドローXY平面を基準に投影されます。
面積の単位 測定した前回の面積を表示するために使用する単位を設定します。
  • 平方(主単位)
  • 平方メートル - (メートル単位系のみ)平方メートル
  • エーカー(米国) - (英米単位系のみ)
  • ヘクタール - (メートル単位系のみ)
領域 前回の測定結果を表示します。
周囲の単位 前回測定された面積の全周を表示するために使用する単位を設定します。
全周 前回測定された面積の全周を表示します。
内部の多角形を指定 (「方法」が「1点で指定」に設定されている場合のみ)オンの場合、境界要素で囲まれた面積から、境界領域の内側にある閉じた要素の面積を引いた値が計算されます。
動的領域 (「方法」が「1点で指定」に設定されている場合のみ)オンの場合、ビュー上のカーソルの動きに合わせて、含まれる領域が動的に表示されます。
許容差 (「方法」が「1点で指定」に設定されている場合のみ)連続した要素間で許容される最大距離を設定します。ゼロの場合には、要素は領域と接続して結合している必要があります。
キー入力: MEASURE AREA ELEMENT